So-net無料ブログ作成

医薬基盤研、研究事業は「削減」、ベンチャー支援は「廃止」(医療介護CBニュース)

 政府の行政刷新会議のワーキンググループは4月27日、医薬基盤研究所の研究事業(基盤的技術研究、生物資源研究)、助成事業(基礎研究推進事業、希少疾病用医薬品等開発振興事業)、ベンチャー支援(実用化研究支援事業)について事業仕分け作業を行い、研究事業は「当該法人が実施で、事業規模は削減」、助成事業は「国等が実施で、規模は現状維持」とし、ベンチャー支援は「廃止」と結論付けた。

 このうち研究事業の生物資源研究について仕分け人からは、同研究所が収集した生物資源を無償で提供された財団法人のヒューマンサイエンス振興財団が、それを大学や企業に分譲する際に有償で行い、利益が生じていることを問題視する声が上がった。また、同研究所の研究開発費が約18億円であることについて、「非常に小さい。世界の中での非常に大きな製薬というビジネスの中で、どれほどの効果を生めるのか」との質問が寄せられ、研究所側が「大きいことがいいこととは思っていない」と反論。「重要なものに柔軟に対応した研究を行っていきたいと考えており、難病やワクチンなどに特化して、非常に効率よく行っていると思っている」と強調した。

 ワーキンググループとしての意見を発表した民主党の菊田真紀子衆院議員は研究事業について、ヒューマンサイエンス振興財団との関係を再構築すべきとしたほか、希少疾病用医薬品に重点化すべきとの意見を踏まえた今後の議論を求めた。


【関連記事】
研究内容の第三者評価導入へ―医薬基盤研事業仕分け
PMDA、事業拡充も「厚労省からの出向減を」―事業仕分け第2弾
協会けんぽの低い健診率に改善求める声−厚労省内仕分け前半が終了
UR賃貸事業、高齢者住宅は自治体か国に移行へ―事業仕分け第2弾
国病機構の病院事業「規模縮減」―事業仕分け第2弾

事故車両の車掌も=現場で献花−福知山線脱線(時事通信)
【風】「輝ける人生」価値観さまざま(産経新聞)
遅発性悪心・嘔吐を防ぐ制吐剤を新発売―大鵬薬品工業(医療介護CBニュース)
介護支援ボランティア制度、実施地域が急増(医療介護CBニュース)
ギョーザ事件、21・22日に日中情報交換(読売新聞)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 2

ちん皮のび太


8万で童☆貞買ってもらったぜ!!
しかも生セックルな!めちゃ気持ちよくて、軽く昇天しかけたっての!!(爆)
てかこんなの知ったら、もうオ ナ ホとか使う気おきねぇwwwww
http://kasira-d.net/jam/mgddrvc/
by ちん皮のび太 (2010-04-29 22:49) 

ぷっちゃぎ


くっはぁぁぁ!!まーだテンション下がらねっ!!(*゚∀゚)=3ハァハァ
あんなキャワイイお姉たまに馬乗りでガツガツ攻められるなんて・・・!!
しかも5万も頂いちゃって、マジ笑い止まんねぇwwwww
http://chit.Iphone5.net/i3irdkw/
by ぷっちゃぎ (2010-05-09 04:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。